ビットコインいよいよ1000万へ!米国初のビットコインETF(上場投資信託)に近く承認?! bitcoin xrp cryptoも上昇



FXで儲ける技術の動画概要

★チャンネル登録はここをクリックして下さい。
www.youtube.com/fxedge9999?sub_confirmation=1
#ビットコイン#BTCJPY#####
アメリカ発のビットコイン ETF が近く承認されるかもしれません。

ビットコインいよいよ1000万へ!米国初のビットコインETF(上場投資信託)に近く承認?!

米証券取引委員会(SEC)は暗号資産(仮想通貨)の
ビットコインそのものではなく、
ビットコインの先物を購入するETFの申請4本について、
早ければ来週にも判断を下す可能性があります。
SECは今後2週間で、ProShares(プロシェアーズ)、Valkyrie Investments(バルキリー・インベストメンツ)、Invesco(インベスコ)、VanEck(バンエック)が8月に行った申請について承認、却下、または延期の判断を示す可能性があります。

SECの委員長は8月ビットコイン先物ETFを容認する考えを示唆しています。
2週間前にも、ワシントンで開かれた資産運用会社の会合で同様の発言をしています。
シカゴ・マーカンタイル取引所CMEのビットコインはここ数日、スポット価格に対する先物価格のプレミアムが年率15%と、年初来9カ月の平均である約7.7%を上回っています。

仮想通貨トレーダーは、ビットコインの直物を買って先物を売ることでリターンを得ることができます。この二つの価格は将来的に収れんするからです。こうしたプレミアムの差について、ETFの承認を期待して機関投資家がビットコイン先物の購入に走ったため価格が上昇しました。

シカゴ・マーカンタイル取引所は 今月、1社が保有できるビットコイン先物取引の上限を引き上げることを計画しています。この動きは、ETFのような新たな大型プレーヤーの参入余地を広げるのに役立ちます。
ビットコインが今月に入り約25%上昇しています。
この背景には、SECがビットコインETFを承認するとの期待があります。

アメリカ証券取引委員会は過去8年間ビットコインを直接保有するファンドの数を多くの申請を却下したり決定を送らせてきました。アメリカ国内で取引所として登録されていない暗号資産取引所に対する監督の機能が欠如していますそのため規制当局がビットコインの出所や価格操作の有無を把握できないことが理由です。SECは投資家の不正や操作に慣れていないことのリスクがあることを指摘しています。
先物の ETF と現物には価格の乖離がありますそれを弱点ですがビットコインが上昇を続けた場合ETF はビットコインの値動きに追いつけないかもしれません。

期先のビットコイン先物は、期近よりも高く取引される傾向があります。コンタンゴと呼ばれる市場の動きです。
これにより、ファンドは毎月、契約のロールオーバーに伴うコストが発生し、ファンドのリターンが低下する恐れがあります。
多くの個人投資家は先物の仕組みは本当に理解していません。

それでも多くの人が暗号資産の購入ご検討しています。
そのおかげで機関投資家も参入しています。
ETF が承認されることになれば、あっという間に広がる可能性が高いです。約400のアメリカの機関投資家を対象に行なった調査では、
今年に入ってデジタル商品に投資したとの回答は18%に上っています。
その1/3近くは今後の投資において、
暗号資産に直接投資するよりも投資商品を好むと回答しています。
xrp bitcoin crypto全般価格上昇が見込めます。

●無料版 ローソク足プログラムは
ここをクリックして下さい。
usdjpy.biz/free-candle/

■ 無料のEURUSD自動売買ロボット
ダウンロードはこちらです。
ここをクリックして下さい。
usdjpy.biz/free-ea/

♦無料フィボナッチトレード
usdjpy.biz/freefibonacci/

質問はこちらに送信ください。
excelsystemtrader@gmail.com

ブログでも情報配信中
ameblo.jp/fxedge/

フェイスブックで限定記事あります
www.facebook.com/fxedge9999/

Twitterはこちら
twitter.com/fxedge

コメント

タイトルとURLをコピーしました